年逝く

20131227

仕事納めまであとわずか。今日は忙しいことを覚悟で職場に向かったが、ふたを開けてみると予約キャンセルが相次いで、午後からはずいぶん暇になった。その時間を使って、職場で今後の展開について非公式に話す機会があり、ちらりと聞いた管理部の発言にがっかりするところもあって、半年ほど前までは本腰を入れてやってみようという意気込みが、残念ながらこれまで以上に冷めてしまった。あちらこちらで働いてみて、どこの職場も問題を抱えて四苦八苦しながらやっているのだと言うことは、今更ながらとても良く分かった。頑張っても変らないわけではないし、そんなにネガティブになることもないが、プロジェクトを引っ張り頑張った挙句に解決困難なごたごたに巻き込まれ、心身ともにクタクタになって倒れてしまうことだけはもう勘弁して欲しいので、身体を壊さない程度にほどほどに、やはりやりたいと思う仕事をやるのが良いのだろう。得られる満足は小さなものかも知れないが、今のボクにはそれで十分だ。

カレッタ汐留

20131130

一ヶ月ほど前に修理に出した時計を受け取りに錦糸町まで。ついでに足をのばして銀座あたりをぐるりと歩いて来た。銀座ミキモト前のクリスマスイルミネーションが始まり、正面の道路にはフェラーリやランボルギーニといった高級外車が多数停まって多くの人を集めていたが、もともとのクルマの形が美しいのに、デコトラのような電飾が施してあって、なんだかとても残念な気がした。銀座ライオンでビールを2杯ほど。良い気持ちになって、久し振りに訪ねてみようと、カレッタ汐留までてくてくと歩いた。ここのイルミネーションは数年前とはだいぶ様変わりして、今流行のプロジェクションマッピングと組み合わせ、ずいぶん華やかになっている。結婚式のお二人だろうか、この寒い中をツリーの横にしばらく立っていらした。お疲れさまである。どうぞお幸せに。

大円寺五百羅漢

20131006

目黒駅の西口改札を出て行人坂を目黒川へと下る途中に大円寺はある。江戸三大火事のひとつ“行人坂火事”の火元として有名なお寺である。1772年2月のこの火事は、江戸城門から神田、浅草、さらには千住まで及び、死者1万4700人、行方不明者4600人と言われているから、大変な惨事だったと言えるだろう。寺は長らく再建を許されず、寺域には焼死者を供養するための五百羅漢の石仏のみがあった。今は山手七福神のひとつ大黒天をまつって、境内は多くの参拝者で賑わっていた。門をくぐって左手にこの石仏たちが様々な表情を浮かべてびっしり並んでいて、その姿に圧倒される。

他のアカウント

無料ブログはココログ