« 30年前の記憶 | トップページ | 明日は初雪? »

朔風

20131216

すっきりと晴れ上がった空。クルマの中から見ている間は良かったが、クルマを降りて歩きはじめるとすぐに風の強さ冷たさに身震いをした。かろうじて残っていた紅葉もすっかり地に落ちて、裸になった枝先が青空にくっきりと伸びている。風車のまわりのメタセコイアはまだ葉を残してはいたが、池の水面はすでにびっしり落葉に覆われていた。舞い上がった砂埃に目を開けていられないほどであったが、その風に向かってファインダーをのぞき、ぶらさないようにと息を殺してシャッターを切った。

« 30年前の記憶 | トップページ | 明日は初雪? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 30年前の記憶 | トップページ | 明日は初雪? »

他のアカウント

無料ブログはココログ