« 木漏れ日 | トップページ | 旧古河庭園 »

広角レンズ

20131101

この頃のお気に入りのレンズは、パナソニックの7-14mmF/4という超広角レンズ。35mm換算で、超広角の14mmから、街スナップにちょうど良い28mmまでの画角をカバーしている。超広角レンズを設計すると、通常はものすごく大きく重くなってしまうようだが、マイクロフォーサーズマウントのこのレンズは、小型軽量かつとても写りが良い。超広角域では、少しレンズを傾けただけでも全く印象の違った写真になるので、軽く取り回しが良いというのは大変な美点で、写真のように地面すれすれから見上げるように撮ることも容易い。昔はこの画角は全く使うことができなかったので、大きく重たいレンズを持ち出すのが億劫になってしまっていたが、このレンズを手にしてからは、超広角の非日常的な視野が面白くて、出かける時には必ず持ち出すレンズのひとつになってしまった。新品も中古品も在庫が少なくなっているので、おそらくもうすぐリニューアルされるのだろうが、中途半端に手ぶれ補正などをつけて、大きく重たくなってしまわないようにと願っている。

« 木漏れ日 | トップページ | 旧古河庭園 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 木漏れ日 | トップページ | 旧古河庭園 »

他のアカウント

無料ブログはココログ