« 旧古河庭園 | トップページ | 菊花 »

石蕗

20131105

連休中のこと、普段より早い時間に百花園を訪ねると、ツアー客とおぼしき多くの男女が、ニコンのカメラをぶら下げて園内を闊歩していた。茶亭の佐原さんに話しかけられ、聞けば、大勢の人々はニコン関係の写真クラブの会員さんで、撮影会でこちらに訪れているのだという。狭い園内が騒然として、ボクは超望遠レンズでの鳥狙いだったが、高い木々の上から鳥の声は聞こえるものの、人の気配に気圧されたかさっぱり降りて来る様子がない。鳥撮影は早々にあきらめ園内に咲く花を撮ることにしたが、お茶や山茶花、嫁菜などのキク科の花がちらほらと咲くだけの園内は、冴えない天気と相まってなかなかに淋しかった。例年ならば色づき始めるハゼの木の紅葉も今ひとつ。ひときわ目を惹いたのは写真の石蕗。ちょうど盛りだろうか。撮影会の一団はあっという間に去ってしまって、あとにはいつもと同じ静けさだけが残された。

« 旧古河庭園 | トップページ | 菊花 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 旧古河庭園 | トップページ | 菊花 »

他のアカウント

無料ブログはココログ