« マウントアダプター | トップページ | 仙石原 »

茶の花

20131026

雨の上がった頃を見計らって百花園へ。いつの間にか、秋明菊や杜鵑といった秋の花に加えて、冬の花である山茶花が咲き始めていた。お茶の花も見頃だろうと池の端にある茶の木に近づいてみると、大風でたくさんの花を落としてはいたが、やはりキレイに咲いていて嬉しかった。撮影の方は、久し振りのマクロレンズにずいぶん手こずってしまったが、防塵防滴のこのマクロレンズとE-M1の組み合わせは、nature分野のマクロ撮影ではもっとも扱いやすい組み合わせのひとつだと思う。35mm換算120mmという焦点距離は、少し遠くからでも小さな昆虫などを狙うことも出来るし、小型軽量と超強力な手ぶれ補正を活かし、背面モニターを見ながら草むらに手を突っ込んでの撮影も可能で、ファインダーをのぞきながら構図を決める一眼レフのマクロと比較すると、撮影の自由度がとても高い。すっきりしない天気にうつうつした気持ちもなかなか晴れないので、明日はどこか撮影のためだけに出かけたいと思っている。

« マウントアダプター | トップページ | 仙石原 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マウントアダプター | トップページ | 仙石原 »

他のアカウント

無料ブログはココログ